フットサルによる怪我

怪我の再発予防も考える京都府京田辺市の鍼灸整骨院のフットサル治療

サッカーフットサルによる怪我や障害というのはポジションにもよりますがそのほとんどは、足首などに集中しております。
足首捻挫してしまったり、アキレス腱を傷めたり、膝の靭帯半月板の損傷太ももの肉離れなどといった怪我や、ジュニア世代ですとオスグッド・シュラッター病という膝の障害シンスプリントという脛の障害などが起こりやすかったりもします。

どのような怪我であっても、まずは京都府京田辺市の施術所 ひびき庵にて専門的なフットサル治療を受けて改善させていくということが重要です。無理をしてプレイを続けてしまったり、大したことないだろうと思ってそのままにしてしまいますとフットサルのプレイ時だけではなく日常生活にも支障が出てきてしまうこともあるからです。
京都府京田辺市の施術所 ひびき庵でのフットサル治療というのは、現在の痛みや違和感を取り除くというだけではなく、怪我や障害の再発防止にも効果がございます。
身体のゆがみズレなどを鍼灸整骨院で治していくことで、一部分にばかり負担をかけないように正しく身体を使えるようになるのです。

さらに身体のパフォーマンスを上げて思い切りプレイ出来るような身体を作っていくということが出来るのも京都府京田辺市の施術所 ひびき庵フットサル治療の特徴です。

当院へのアクセス情報

施術所ひびき庵  鍼灸整骨 経絡マッサージ 骨盤矯正

所在地〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央1丁目5番地4
アクセス新田辺駅より徒歩3分
JR京田辺駅より徒歩3分
駐車場あり
予約予約優先制とさせていただきます
電話番号0774-64-2723
休診日木曜午後・日曜祝日
院長塩見響三