Blog記事一覧 > ひびき庵ブログ,エクササイズ,各種病気別 > ラケット競技の動きとマッサージのポイント

ラケット競技の動きとマッサージのポイント

2015.10.04 | Category: ひびき庵ブログ,エクササイズ,各種病気別

おはようございます!
柔整師の塩崎です。

 

今日はスポーツ別のマッサージ第4弾!
ラケット競技3種目についてです。

 

「テニス」「バドミントン」「卓球」

 

これらのラケット競技は、走りながらラケットでボールを打ち、急激なストップやターンを繰り返さなくてならないため、強い下半身と腕の筋力が求められます。

 

強く踏み込んだりダッシュをすることにより足全体が疲れやすく、ふくらはぎの肉離れや膝痛を生じやすくなります。

 

足底やアキレス腱、膝のまわりを中心に丁寧にマッサージすることが必要です。

 

またラケットを持つ手の筋は前腕・上腕・肩にかけて非常に緊張しやすくなるので、疲れを蓄積しないようこまめにケアしましょう。

 

「テニス」「バドミントン」「卓球」
に多い怪我を紹介します。

 

 

テニス肘、腰痛、下腿の肉離れ(テニスレッグ)、足首の内反捻挫、膝の内側側副靭帯損傷

 

 

これらの症状でお困りの方は是非ひびき庵にお越しください!

 

次回第5弾で!!!
 

当院へのアクセス情報

施術所ひびき庵  鍼灸整骨 経絡マッサージ 骨盤矯正

所在地〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央1丁目5番地4
アクセス新田辺駅より徒歩3分
JR京田辺駅より徒歩3分
駐車場あり
予約予約優先制とさせていただきます
電話番号0774-64-2723
休診日木曜午後・日曜祝日
院長塩見響三