Blog記事一覧 > ひびき庵ブログ,エクササイズ,各種病気別 > 柔道、レスリングの動きとマッサージのポイント

柔道、レスリングの動きとマッサージのポイント

2015.10.18 | Category: ひびき庵ブログ,エクササイズ,各種病気別

こんばんわ!柔整師の塩崎です!!(^O^)/

 

 

最近寒くなってきてますが、みなさん風邪ひいてませんか?

 

体調管理キチンとしてあたたかくしてくださいね。

 

 

今日はスポーツ別のマッサージ第6弾!!

 

僕も以前やっていた「柔道」「レスリング」についてです。

 

 

柔道・レスリングは、相手を投げたり押さえ込んだりする格闘技です。

 

柔道は日本の国技ですね。レスリングでは、世界大会16連覇の吉田沙保里選手が有名ですね。

 

技をかける際に相手の体を支えなくてはならないため腰や足に大きな負担がかかります。

 

背中・腰・臀部・大腿前面・ハムストリングス・下腿などを重点的にマッサージしましょう。

無理な体勢を強いられる事の多いスポーツです。

 

 

また、受け身で打ちどころが悪いと肩関節や肘関節を脱臼したり、膝の靭帯を痛めたりすることがあるので、ストレッチを取り入れながら関節部分のケアを忘れないようにしましょう。

 

最後に柔道・レスリングに多い怪我を紹介します。

 

 

肩鎖関節脱臼、肩関節脱臼、膝の側副靭帯損傷、大腿の打撲、肘関節後方脱臼

 

 

このような症状でお困りの方は、是非ひびき庵にお越しください。(^v^)

当院へのアクセス情報

施術所ひびき庵  鍼灸整骨 経絡マッサージ 骨盤矯正

所在地〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央1丁目5番地4
アクセス新田辺駅より徒歩3分
JR京田辺駅より徒歩3分
駐車場あり
予約予約優先制とさせていただきます
電話番号0774-64-2723
休診日木曜午後・日曜祝日
院長塩見響三