Blog記事一覧 > ひびき庵ブログ,各種病気別 > 雨の日に関節が痛むのは何故?

雨の日に関節が痛むのは何故?

2015.10.23 | Category: ひびき庵ブログ,各種病気別

こんにちは、ひびき庵スタッフの藤原です♪(^o^)丿

 

 

雨の日に関節が痛むという方は多いのではないでしょうか?

 

私も年のせいか古傷がだるくなることがあります。(^_^;)

 

 

関節炎などの病気を持つ人は、雨の日に関節の痛みが強くなることがあります。

 

その原因は、関節腔内圧(関節の間の空間の内圧)が関係していると言われています。

 

つまり、雨の日には気圧が低くなるため、外圧に対して相対的に関節腔の内圧が高まり、

 

関節が通常より腫れたようになり、筋肉を圧迫し血行不良を招き、だるさや痛みを感じるのです。

 

筋肉をマッサージなどで弛める事で代謝を促し筋肉への圧迫が弱まるため、痛みが楽になるのです。

 

 

辛い時には、我慢せずにひびき庵へご来院下さい(^_^)

当院へのアクセス情報

施術所ひびき庵  鍼灸整骨 経絡マッサージ 骨盤矯正

所在地〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央1丁目5番地4
アクセス新田辺駅より徒歩3分
JR京田辺駅より徒歩3分
駐車場あり
予約予約優先制とさせていただきます
電話番号0774-64-2723
休診日木曜午後・日曜祝日
院長塩見響三