骨粗しょう症

2016.02.03 | Category: ひびき庵ブログ,医学,各種病気別

 

こんにちは、ひびき庵スタッフの藤原です(^O^)/

 

 

今日のちょっとした基礎知識!

 

 

骨の絶対量が減少した状態であり、老人性骨粗鬆症が最も多く、閉経後の女性に多く見られます。

 

 

高齢者が軽く尻もちをついただけで強い腰痛を訴えた場合は、骨粗鬆症を起因とした脊椎の圧迫骨折が疑われ、股関節を痛がる場合は、大腿骨の頚部骨折が疑われます。

 

 

骨密度はしっかり維持しなければなりませんね。

 

 

もし骨折してしまったら、鍼灸や整骨、整体、マッサージをすることで回復力が向上します。

また、後遺症少なく治すことが可能です。

 

 

その際は、私達がお役にたてることでしょう。ご相談ください(*^^)v

当院へのアクセス情報

施術所ひびき庵  鍼灸整骨 経絡マッサージ 骨盤矯正

所在地〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央1丁目5番地4
アクセス新田辺駅より徒歩3分
JR京田辺駅より徒歩3分
駐車場あり
予約予約優先制とさせていただきます
電話番号0774-64-2723
休診日木曜午後・日曜祝日
院長塩見響三